日光カンツリー倶楽部(18H・P72)
住   所 栃木県日光市所野2833
電   話 0288-54-2128 予約専用 0288-53-5872
最 寄 I C 日光宇都宮道路今市ICから6キロ
電   車 東武日光線 日光駅又はJR日光線 日光駅
タ ク シ ー 日光駅から約5分
クラブバス 東武日光駅から運行
クレジット マスター、ダイナース、JCB、DC、OMC、UC、UFJニコス
加盟団体 JGA、KGA、GGG
入会条件 ・30歳以上
・紹介者 5年以上在籍の正会員2名
・面接あり
フローラゴルフ1999年5月号推薦コース掲載文
いまゴルフ会員権を購入し、ホームコースを持ちたいと考えている人が最も大切にしているのは、経営会社が信用できるかどうかということだと思うが、最も信用できる経営形態のゴルフ場は、社団法人制のゴルフ場だ。
しかし、社団法人制ゴルフ場はその数自体少なく、しかも、会員権を第三者に譲渡できない場合が多いため、入会したくてもなかなか入会できない。そういった中、社団法人・株主会員制で経営されており、市場で会員権を売買できる日光カンツリー倶楽部を、今だからこそ改めて注目したい。
すなわち、社団法人制のゴルフ場には、古きよき時代のクラブライフがあり、日光CCも、今の時代とかく失われがちなクラブ内のファミリームードを大切に守り続けていこうとしている。これから社団法人制のゴルフ場が新たに開場することは100%ないのだから、日光CCの希少価値は、メンバーになってみて初めて理解できるものだ。
経営・運営面では会員が主体となるため、不透明な経営や会員が不利となる運営が一方的に行われることがなく、経営内容も確実に開示される。この安心感も何よりの魅力。
日光CCには歴史と伝統もある。
開場したのが昭和30年で、今年は開場44周年。栃木県内では、譲渡不可の那須GCに次いで古い倶楽部になる。
コースの地形はフラットで、樹齢80年以上の赤松と揚柳が風格を感じさせる抜群の自然環境。
設計は名匠・井上誠一。自然の地形と樹木を生かした戦略性が高く本格的な林間コースとなっている。
景観が素晴らしく、フェアウェイも広いためのびのびとした開放感があるが、フェアウェイには微妙なアンジュレーションがあり、散漫なショットはケガのもととなる。また、サービスホールのような短めのミドルホールもあるが、短めのホールはグリーン回りが難しくなっている。全体的に、プレーヤーのあらゆる技量を試すようなデザインになっており、一見おだやかそうで奥の深い内容は、さすがに井上誠一の設計だと思わせるものがある。
ところで、入会の場合は、日光ゴルフ鰍フ2株を入手する形で入会資格審査を受けるが、メンバーからの譲渡の場合は名変料100万円。ごく稀にあるケースで、メンバーでない人から株を譲り受け入会する場合は名変料150万円になるので注意が必要だ。
会員数も少なく、法人の入会を不可としている個人中心のスタイルを守っている日光CCが、会員権市場で再び人気となるだろう。

問 合 せ
下記のフォームに必要事項をご記入の上「送信」ボタンを押してください。
文字化け防止のため半角カナ文字は使わないで下さい。
お名前(必須)  全角
フリガナ  全角カタカナ
ご住所  〒  
電話番号(必須)  (半角数字、例:03-3516-3751)
連絡先場所(必須)
メールアドレス(必須)  (半角英数、例:floragolf@floragolf.co.jp)
売買区分
会員権種別
希望価格 万円(年会費、手数料、書換料等は除く)
その他お問い合わせがございましたら御記入下さい。
 

会員権相場/当社売買物件/Golf News/推薦コース/税金について/問合せ・注文/ゴルフ便り/会社案内/ニギリ/サイトマップ/HOME