府中カントリークラブ(18H・P72)
住   所 東京都多摩市中沢1-41-1
電   話 042-374-3131 予約専用0120-489-458
最 寄 I C 中央自動車道国立府中ICから10キロ
電   車 京王線 聖蹟桜ヶ丘駅、京王相模原線又は小田急線 多摩モノレール駅、多摩センター駅
タ ク シ ー 多摩センター駅から約5分
クラブバス 多摩センター駅から運行
クレジット マスター、JCB、VISA、DC、UFJ、ダイナース、セゾン、UC、AMEX
加盟団体 JGA、KGA、NGK
入会条件 ・35歳以上、日本国籍者
・紹介者 在籍5年以上で40歳以上の正会員1名
・JGA加盟コースに正会員として2年以上在籍者
コース案内
多摩ニュータウンのすぐそばの丘陵地に展開する18H。
昭和34年開場と歴史は古く、開場30周年時にはクラブハウスを新築している。
立地条件が良く、約24万坪の用地は100%自社地で会員権は株式制と資産価値が高い注目銘柄。土地価格上昇に伴って“含み資産”が積極的に評価された昭和62年には2ヶ月ばかりのうちに気配値が急騰、1億3000万円をつけて億カンの仲間入りをした。しかし、資産価値が高いだけに税負担が重く、地価税の会員負担などが会員権市場でのマイナスポイントとなっているのが残念。会員が平等に経営株を所有する倶楽部で、会員個々の発言権が強く本来的な意味で会員主体の運営が行われている。
会員の権利と義務、自分のゴルフスタイルが問われるゴルフ場でもある。
コースの特徴は
名匠・富沢誠造が腕をふるった難易度の高い丘陵コース。
フェアウェイは広く、多摩丘陵の地形を巧みに活かし変化に富む。
歴史も古く樹木も育っているため丘陵林間コースといってよい。樹木でセパレートされた各ホールは要所要所にバンカーが配され、飛距離とショットの正確さを要求する。
グリーンは92年に大きなサンド・ベントワングリーンに改造、アンジュレーションがあり、ピンポジションによっても難易度が大きく変わる。
フローラゴルフ2004年4月号推薦コース掲載文
府中CCは昭和34年に開場、名門倶楽部として揺るぎない地位を誇っている。
多摩ニュータウンのすぐそばにあり、立地条件は抜群。約24万坪の用地は全て自社地であり、資産価値は大きい。その分、国定資税が経営を圧迫すのではないかという心配があり、地価税導入時には会員に対しても公平に負担する制度が取られた。
しかし、開場30周年時にはクラブハウスを新築しており、経営的には安泰という証左だ。倶楽部組織は株主会員制。正会員が平等に経営株を所有する倶楽部として発足したため、会員の権利が侵害されること無く理想的な環境といえる。
コースそのものは多摩丘陵の自然の地形を巧みに生かした変化に富む18ホール。富沢誠造が最初に設計したコースでもあり同氏の傑作の一つといわれている。
広々としたフェアウェイとたっぷり距離のあるホールが続くが、年輪を重ねた樹木、要所に配されたクロスバンカー等、見た目以上に戦略性は高い。開場30周年時のクラブハウス新築もそうだが、コースのグレードアップにも積極的で、平成4年には従来の高麗・ベントの2グリーンに改造、より戦略性を高めている。府中CCは、歳月の重みが積まれさらに重圧感を増している。
会員数は適正であり、日曜はメンバーデー、祝日はゲスト同伴できる日があり、運営もしっかりしている。
会員権市場ではかって1億3500万円(昭和62年)の気配値を付けており、内容の良さは市場でも立証済み。ステータスのある名門倶楽部であり市場環境の変化に合わせてより入会しやすい環境も整っている。今は絶好の入会の検討時期だ。

問 合 せ
下記のフォームに必要事項をご記入の上「送信」ボタンを押してください。
文字化け防止のため半角カナ文字は使わないで下さい。
お名前(必須)  全角
フリガナ  全角カタカナ
ご住所  〒  
電話番号(必須)  (半角数字、例:03-3516-3751)
連絡先場所(必須)
メールアドレス(必須)  (半角英数、例:floragolf@floragolf.co.jp)
売買区分
会員権種別
希望価格 万円(年会費、手数料、書換料等は除く)
その他お問い合わせがございましたら御記入下さい。
 

会員権相場/当社売買物件/Golf News/推薦コース/税金について/問合せ・注文/ゴルフ便り/会社案内/ニギリ/サイトマップ/HOME